« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月27日 (土)

Pharmacy Practice Residency 修了

先日病院で無事にPharmacy Practice Residency修了証の授与式が行われ、1年目のレジデントが正式に終了しました。
とても忙しい1年でしたが、レジデントの1年が3年から5年の薬剤師の経験に相当するというだけあってとても実のある1年となり多くのことを学ぶ機会となりました。
また1年を通じて自分がCritical Careや感染症に興味があることを再確認することが出来ました。以前は漠然とした好奇心だったのですがローテーションに行くことによって自分の知識がいかに浅はかであったことを認識させられ、同時にCritical Careでもう1年やってみたいという気持ちになりました。

1年目のレジデントが終わった次の日にはボルチモアへ引越し、4日後には2年目のレジデントが始まります。
もう少し休み欲しいところですが、あまり休むとだらけて忙しい毎日に戻ることが出来なくなるので4日くらいの休みがちょうどいいのかもしれませんが。。。

このブログは1年目のレジデントの終わりに始めたので、1年を通じた経験を書くことは出来ませんでしたが、今回は2年目のレジデントに関して1年を通じて載せることができるので楽しみになさっててください。

2009年6月18日 (木)

引継ぎ

更新が滞ってしまいました。
引越しのためにボルチモアとフィラデルフィアを行ったりきたりしています。
またフィラデルフィアでのレジデントは新しいレジデントが入ってきており、私たちレジデントはクラークシップの説明やClinical Weekendの説明などの引継ぎ業務を行っています。
そのほか研究の仕上げやボルチモアでのレジデントのための書類作成など細かいことが多く重なるためボルチモアに完全に引越して落ち着くまでは少し更新が滞るかもしれませんがご容赦ください。

2009年6月 7日 (日)

Pharmacy Practice Residentのまとめ

1年目のレジデントもあと3週間で修了です。
1年目のレジデントで学んだことをまとめてみます。

臨床

クラークシップ
急性治療×2(地域病院)
集中治療(地域病院)
外科集中治療(大学病院)
胸部心臓外科集中治療(大学病院)
感染症(大学病院)
腎臓移植(大学病院)
薬局管理(大学病院)
ジャーナルクラブ(論文解析)
症例検討

Staffing業務
Clinical Weekend

研究
1年間の臨床研究
ASHP, Eastern States Conferenceでの学会発表

教育
授業でのファシリテーター
SOAPノートの採点
Continueing Educationでの薬剤師への講義

薬局管理
病院内のFormulary Committeeへの参加とモノグラフの作成
Drug Utilization Evaluationの実行と病院内プロトコールの作成
クラークシップでの会議参加

こうしてまとめてみると1年間で色々な観点から薬局の業務へ参加して学べたことが分かります。
根幹であるクラークシップではほとんどが回診に同行し、担当患者さんの薬物治療を評価しました。学生からレジデントになっての一番大きな違いは、学生のときは副作用や相互作用など薬の観点からしか評価していなかったものが、レジデントになると治療が本当に適切に行われているかガイドラインや論文を元に評価できるようになったことだと思います。

クラークシップはあと1週間、1年目レジデント修了まではあと3週間です。
頑張ります!

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »