« メリーランド州薬剤師免許取得 | トップページ | 最後のClinical Weekend »

2009年5月30日 (土)

腎臓移植外来(入院患者)

腎臓移植外来というクラークシップですが、週3回は入院患者さんの回診に同行します。医師は泌尿器科の移植専門の先生ですので、腎臓移植だけではなく肺移植や肝臓移植を受けられた患者さんの中で腎臓機能に何か問題があってコンサルトを受けた患者さんも診ています。私は腎臓移植と肝臓移植の患者さんを担当していますので、それらの患者さんの薬物治療を評価しています。
私の仕事は必要な薬がすべて正しい用量で処方されているかの確認、入院前に患者さんが服用していた薬をチェックしてそれらを再開することの提言、副作用・相互作用のチェックなどです。

先日生体腎移植が行われたのですが、生体腎移植の患者さんはすごいもので血清クレアチニンが術後3-4日後にはほぼ正常に戻っていました。また、術後2日目には普通に座って会話できる状態になり、4日後にはICUから一般病棟に移っていました。
年齢や患者さんの状態にもよるのでしょうが、すごい回復力なんだなと驚愕してしまいました。
お話しするともう透析をしなくていいことにとても幸せを感じていると仰っていました。

P.S.プロフィールにメールアドレスを追加しました。もし、個人的にご意見・ご質問などがある方はそちらのほうへご連絡ください。

« メリーランド州薬剤師免許取得 | トップページ | 最後のClinical Weekend »

1年目レジデント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腎臓移植外来(入院患者):

« メリーランド州薬剤師免許取得 | トップページ | 最後のClinical Weekend »