« 腎臓移植外来(入院患者) | トップページ | Pharmacy Practice Residentのまとめ »

2009年5月31日 (日)

最後のClinical Weekend

今日は現在の病院で最後のClinical Weekendでした。
最後だと思うと少し感慨深いですね。

本日の一番大きな介入はバンコマイシンについてでした。
昨夜レジデントの一人がSatff Pharmacistとして働いていたときに一人の患者さんの血清クレアチニンが一日で0.8から1.7に上がっており、バンコマイシン1500mgが12時間ごとに投与されていました。
そこで、そのレジデントは医師に連絡してバンコマイシンを一時中止することを推薦しましたがその医師は受け入れず、昨夜22時のバンコマイシンも投与されました。
レジデントは少なくとも明日の朝(本日のこと)バンコマイシンのトラフ値をチェックしてくれるように推薦し、医師もそれを承諾しました。

その患者さんのことをレジデントから託され、バンコマイシンのトラフ値を待っていました。
私の病院では通常バンコマイシンが10時に投与されますのでその前までにトラフ値がラボから返ってくることを願っていました。
しかしながら、トラフ値は9時半頃になっても返ってこず、今日の血清クレアチニンが2.3であることが分かりました。したがって、患者さんが何らかの理由で急性腎不全の可能性が出てきましたのでStaff Pharmacistと看護師に連絡してバンコマイシンをトラフ値がラボから返ってくるまで投与しないでおくように連絡を入れました。
結局10時過ぎにトラフ値が返ってきて、なんと47(目標値<20)でした。朝6時に計測していますので本来のトラフ値より高いことを考慮しても高すぎます。
結果、医師に連絡して今日のバンコマイシンの投与の中止を推薦し、明日の朝にもう一回バンコマイシンの血中濃度を計測してもらうことも推薦しました。

今日は3つのRapid Response (患者急変対応)と1つのコードブルーもあり忙しい毎日でした。

« 腎臓移植外来(入院患者) | トップページ | Pharmacy Practice Residentのまとめ »

1年目レジデント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後のClinical Weekend:

« 腎臓移植外来(入院患者) | トップページ | Pharmacy Practice Residentのまとめ »