トップページ | レジデンシープログラムとは? »

2009年3月29日 (日)

自己紹介

私は現在米国メリーランド州ボルチモアの大学病院でCritical Care Pharmacy Resident(2年目のレジデント)として研修しています。
最近医師の方で臨床留学している方は多いようですが薬剤師の留学はまだまだ少なく、ましてや薬剤師としてレジデントを経験されている方はあまり多くはないと思います。
そこで1年目の研修が終わりかけているこの時期に書くのも如何なものとは思いますが、薬剤師として留学を志している方には情報を共有していただくために、そして日本の薬剤師の方々にはアメリカのレジデントは何をやっているのかを知っていただくためにこのブログを開設しました。
筆不精ですので毎日更新というわけにはいきませんが、少しずつ更新していければいいなと思っています。

最初ですので自己紹介をしようと思います。

私は日本の薬学部を卒業し薬剤師免許を取得した後、調剤薬局に数ヶ月お世話になり渡米しました。最初はワシントン州シアトルのCommunity Collegeに行き、入学に必要な授業を取ってアメリカの薬学部に4年間入りなおそうかと考えていました。しかし、シアトル滞在中にフロリダ州フォートローダーデールのNova Southeastern University薬学部に海外で薬剤師免許を持っている人のためのInternational Programがあることを見つけ入学しました。そのプログラムでは基礎のクラスを取る必要がないので2年半で卒業することが出来ます。卒業後フィラデルフィアにあるTemple University HospitalにてPharmacy Practice Residency(1年目レジデント)を修了し、現在に至っています。

細かい経過は追々書いていこうかと思っていますので今後ともよろしくお願いします。

連絡先: rinshoyakuzaishi(at)gmail.com
(at)を@に変えてください。

トップページ | レジデンシープログラムとは? »

自己紹介」カテゴリの記事

コメント

初めまして、なぱと申します。
知人にこのHPを紹介していただきました。
私もアメリカで暮らしながらこちらの薬剤師を目指しています。私はPharmacy Tech, FPGEE, TOEFL, NAPLEX, and State Boardという順で行く予定です。
こちらのPharm.Dプログラムに通えたらとは思いますが、いろんな事情で上記の方法でいくつもりです。

ところで、英会話はどのようにして上達されたのでしょうか。こちらで働くとなると相当な会話力が必要だと思います。私はアメリカ3年目ですが、会話は普通にできているとは思いますが、まだまだといったところ。話に夢中になると文法、発音、表現がめちゃくちゃになってしまうし。そこに専門的なことが入るとなると...。TOEFLiBTは一度受けましたが、Writing とSpeakingが目標まであとわずかというところでした。TOEFLの英語と日常会話は全く別物というのは日々身にしみてます。

なぱさん初めまして。
私はアメリカに来てもうすぐ7年ですが、自分の英語力が上達したと実感することは未だにほとんどありません。アメリカに来た当初の自分から見れば上達しているのかもしれませんが、今でも自分が言いたいことを100%言えるわけではないですし、まだまだだと感じています。
また、ESLCommunity College薬学生レジデントと周りの私に求めるレベルも上がっていきますのでそれに伴って高い英語力を求められます。
私は今は英語力よりも臨床薬剤師としての経験を身に付けることに集中しています。臨床薬剤師への集中が自然と英語の上達に繋がっていればなと勝手に思っています。
私にとっては普段の会話より薬学関係の会話のほうがしやすく感じています。薬学関係は英語で習っていますし、論理的に話すことが求められますので感情的や叙述的な単語が必要なくむしろ話し易いです。
私は新しいTOEFLを受けたことはないですが、Speakingが入ってくるだけでも難しそうですね。大変かと思いますががんばってくださいね。お互いがんばりましょう。

早速のコメントありがとうございます。

TOEFLは確かに表現力と想像力を短時間に要求されるテストのような気がします。
その点、薬学は事実をそのまま覚えて応用するような感じだから、使う英語も違ってくるし、話し易いのかもしれませんね。しかも既に多少日本語で習ったことを英語でやっているというのも助けになっているのかも。でもまだ話し易いレベルまで私はいってません...。

今のところ全てがほぼ独学状態なので、こちらのHPを時々のぞいてモチベーションを持続できるようにしたいと思ってます。

なぱさん
私の場合も普段の会話に比べたら薬学関係の英語のほうが"まし"という程度で流暢に話せるという感覚は全くありません。

独学状態とのことで精神的に大変だとは思いますがぜひ頑張ってくださいね。僭越ながら私も応援しております。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己紹介:

トップページ | レジデンシープログラムとは? »