2年目レジデント

2010年3月15日 (月)

ブログ終了

最近ブログの更新が多忙のため、全く出来ない状態です。

残念ながらレジデンシーの修了までこの忙しさは続きますので、ブログの更新は出来ません。また、レジデンシー修了後は日本へ帰国いたしますので、ブログを継続する意義がなくなってしまいます。したがって、ブログの更新は本日を持って終了させていただきますが、ブログ自体はそのままにしておきますし、プロフィールにあるメールアドレスはチェックしておりますので、薬剤師留学・アメリカの薬学・レジデンシーに関するご質問がありましたらご連絡いただければ幸いです。

今まで、ご愛読してくださった皆さんありがとうございます。

2009年11月22日 (日)

ASHP ミッドイヤー

12月6日から10日までラスベガスで行われるASHP ミッドイヤーに参加いたします。
もし、このブログをご覧になってくださっている方の中で参加される方がおりましたら、ぜひメールを頂ければと思います。

rinshoyakuzaishi(at)gmail.com
(at)を@に変換してください。

2009年10月18日 (日)

CCU

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
前回の更新から2つのローテーションが終わりました。
8月はCCU - Cardiac Care Unit (循環器集中治療室)でした。
CCUには二つのチームがあり、一つは主に心不全の患者さんを担当します。
もう一つは急性冠症候群の患者さんを担当します。
私はACS(急性冠症候群)のチームに入っていました。多くの患者さんはSTEMI、NSTEMIのどちらかでPCIによるステント治療あるいはCABG手術へ行くことになります。
私は学生時代も1年目のレジデント時代もCCUでローテーションをしたことがなかったので、とても勉強になりました。
実際はACSの患者さんだけではなく、不整脈(心房細動・心房粗動)や高血圧性緊急症などの患者さんも担当できました。

では臨床薬剤師はここではどのようなことを医師へ助言するのでしょうか?
まずはガイドラインにそった治療が行われているかどうか。基本的に医師はCardiologistですのでACSなどは治療のプロです。しかしながら、ガイドラインではステントの種類などによってアスピリンの用量やプラビックスの期間などが細かく設定しており、それを医師が見落とすことがあるのでそのチェックなどをします。
またACSの他にも患者さんは糖尿などの既往歴を持っていますのでその薬のチェック。また、入院中に感染症などにかかる患者さんもいますので、その際の抗生物質の選択や用量のチェックなどを主にしていました。もちろんその他もろもろ薬に関することはすべて薬剤師がチェックします。

驚いたことは患者さんのほとんどが、比較的重症ではなかったということでした。テンプル大学病院でのCCUは患者さんのほとんどが人工呼吸器をつけており、重症患者さんが多くいました。しかし、ここでの患者さんの多くは普通に医師と話すこともでき、カウンセリングをすることも出来ました。

次回は9月に行った感染症ローテーションについて書きます。

2009年7月31日 (金)

ローテーションスタート

いよいよStaffingのトレーニングも今日で終わり、来週の月曜日からはローテーションが始まります。
最初のローテーションはCCU (Cardiac Care Unit)ですのでSICU (Surgical Intensive Care Unit)やMICU (Medical Intensive Care Unit)に比べれば重症患者が少なく始めのローテーションとしてはいいのではないかと言われました。
もちろん循環器系ですのでMI (Myocardial Infarction)-心筋梗塞やA Fib (Atrial Fibrillation)心房細動などのガイドラインを土日に見直して準備しなければなりません。

また、10月にはPharmacotherapy Roundsという45分間の講義をしなければいけないのでその準備にも論文を少しずつ読んでいかなければいけません。
このトピックは敗血症に使用されるXigris (ザイグリス)(一般名drotrecogin alfa)の安全性についてです。日本では認可されていませんがアメリカでは使用されています。
昨年の場合はこのプレゼンに相当するCE (Continuous Education)のプレゼンは1月だったのですが今回は10月にあるため準備を早めにしなければいけず大変そうです。

なんにせよローテーションが始まるというのは大変ですがわくわくするものです。
始まりましたらまたこのブログで報告いたします。

2009年7月19日 (日)

研究

現在は毎日Staffingのトレーニング(コンピュータでオーダーを監査する)です。
その合間に研究テーマが決まりました。せん妄に関する研究をすることにしたのですが、せん妄に関してあまり知識がなかったので論文を読んで基礎知識を増やしているところです。
すでにIRBに提出されているので、その書類を少し変更して提出することになるようです。
8月1日までには研究の概要を指導薬剤師提出しなければいけません。

また、昨年も行ったContinuing Educationのプレゼンテーションも決まりました。
45分間のフォーマルなプレゼンなのでこれも準備に時間がかかります。
昨年は1月に行われたのである程度準備期間があったのですが、今年は10月に行われるため準備を急がねばなりません。
相変わらず多くのことを同時進行で行わなければいけないので忙しい毎日となりそうです。

2009年7月 6日 (月)

2年目レジデンシー

いよいよ7月1日から2年目のレジデンシーが始まりました。
1年目のレジデンシーを経験しているのでどんなに忙しいかは予測していますので昨年ほどの緊張はありません。しかしながら、新しい病院でCritical Careのレジデントとして働くということはやはり大変なことでそれによる緊張感は大いにあります。

現在の病院でのレジデントはClinical Toxicologyのフェローを含むと15人と昨年の6人と比べると大所帯です。
1年目のレジデントはPharmacy Practice Resident (3人)、Managed Care (1人)、Community Pharmacy Practice Resident (1人)。
2年目レジデントはCritical Care、 Pediatric (小児科)、Pharmacotherapy (薬物治療)、Psychiatric (精神科)、Transplant (移植)、Plliative care (緩和治療)、Ambulatory Care(外来治療)が各一人です。
本来はOncology (癌治療)もあるのですが今年は残念ながらいません。
ここのレジデンシーの面白いところはレジデントの多くは大学の薬学部に雇われており、私を含む5人のみが病院に雇われたレジデントとなっております。
雇用者が違うと給料やオフィスも違います。
雇用される前はあまり気にも留めなかったのですが、今後いろいろなところに差が出てくるのかもしれません。

今月はオリエンテーションですのでクラークシップは来月からです。
最初のローテーションはCardiac ICUだそうです。お楽しみに。

2009年5月26日 (火)

メリーランド州薬剤師免許取得

ようやく本日メリーランド州薬剤師免許を取得することが出来ました。
これで晴れてビザの申請が出来ます。ようやく2年目のレジデントに行ける準備が整った気がします。
今までは内定は決まったけど、そこに到達するまでの障害が何個もあったので2年目に行けるかずっと不安でした。

ちなみに薬剤師免許はまだ届いていませんがたいていの州では薬剤師をインターネットで確認できます。また、メリーランド州ではテスト結果もすべて公表されています(もちろん受験番号でですが)。
http://www.dhmh.state.md.us/pharmacyboard/license/pharm/scores/index.htm
これを見てみるとNAPLEX(薬剤師国家試験)もMPJE(法律の試験)も結構落ちている人がいることが分かります。この表から見るとどうしても各大学の合格率が90%以上というのが信じられないのですが…。
ひょっとしたら合格率というのは2回でも3回でも結果的に受かれば合格ということになるのかもしれません。

何にしろこれで一安心です。
今の研修先でのローテーションもあと2週間半です。
いよいよ追い込みです!!!